HP ProLiant ML115 G5 CPU換装

31 03 2009

まいど。

知り合いに、ML115のCPU交換の記事を書けと言われてて

ちょうどいいタイミングでシステムの増強をして交換する機会があったので書いてみる。

用意するもの
・HP ProLiant ML115 G5
・AMD Phenom II X4 940 BlackEdition (対応CPUなら何でもおk)
・トルクスドライバー(CPU換装だけならマイナス一本でも可)

※PCのパーツってのは静電気的な物に弱いので
こういう作業をするときは、先に鉄的な物を触って静電気を逃がしておきましょう。
ウチはPCのケースを触ったり、メタルラックを触ったりして静電気を逃がしてます。

  1. ケースをあける
    写真のネジをゆるめて左に引っ張ると簡単に空きます。
    DSC00360
    で、中身はこんな感じ
    DSC00361
  2. CPUのヒートシンクを外す
    写真のようなネジなので、トルクスドライバーが無くても
    マイナスで代用できたりします。
    一個づつ取ってくと残り二つになった時にヒートシンクが傾いてエライ事になるので。
    バランスを考えて緩める。
    DSC00362
    ネジを全部緩めたら、ヒートシンクをはずす。
    DSC00364
  3. CPUを外す
    コレがCPU的な物。
    画像右側の棒っぽいのをちょいと→に押しつつ引っ張ると
    DSC00365
    こんな感じにCPUが外せます。
    DSC00367 
  4. 新しいCPUをつける。
    今回換装するCPUはコレ
    2009/03/29時点で、付けられる一番いいのらしい?(AMDのCPUはあまり詳しくナイッス)
    DSC00368 
    左が、取り外したCPU、右が今回取り付ける、ぺのむX4
    DSC00370
    CPUの角の金色目印がこの方向に来るように合わせて取り付け
    そして、CPUを固定する棒を倒して固定。
    DSC00371 
  5. ヒートシンクの取り付け
    はずすときと同じように、ひとつづつじゃなくて
    バランスよくネジをしめる
    DSC00372
    で、取り付け完了。

---------- キリトリ -----------

番外

HDD追加

準備するもの
・ML115
・HDD
・トルクスドライバー
(3月前半に買った二台はマイナスでいけたのですが
3月末に買った二台はトルクスドライバー専用にネジが変更になってました。)
ネジ_01

  1. フロントパネルを外す
    ケースをあけて、
    正面側に3か所「ココでっせ」的なシールが貼ってあるのでそれを押すと
    ケースのフロントパネルが簡単に外れます。
    (写真撮り忘れました)
    後、HDDの処はカバー的な物がついてますが
    ネジ一本で外せるので省略(けっして写真撮り忘れた分けでは…(‘A`)
    DSC00357
  2. HDDにネジをとりつける
    (1)の画像の正面にいっぱいついてるネジを外しHDDにつける(計4個)
    左がコネクタがある方。
    DSC00358
  3. HDDをケースに入れる。
    下写真のように前から差し込んで、"カチッ"とちゃんとはまるところまで押し込む。
    DSC00359 
  4. 各種ケーブルをつける。
  5. OSでフォーマット
  6. ( ゚Д゚)ウマ-
広告

操作

Information

2 responses

31 03 2009
太郎

すばらしいーこうしてまた世界に、迷える子羊や豚野郎を助けることのできる新しいTipsが誕生したわけです。

2 04 2009
Hiro

また大げさなw




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。